オフィスにクッションフロア を貼る

  • ARTICLES
先日シェアオフィスに入居する当社のスペース移動(お引っ越し) をしました。その際に床面がコンクリート剥き出しだったため素人ながらクッションフロア を敷き込んでみた話をまとめます。 本来なら業者さんに入ってもらう手段もあったのですが, 打ち合わせの時間が取れない状態だったので自分で頑張りました。 クッションフロアとは 賃貸アパートなどの床材として利用されるフローリングの大体素材です。柔らかい。部屋の模様替えでも利用されるらしく, ホームセンターでも入手が可能です。 材料自体が割安で傷がついても交換しやすい特徴があります。 入手から施工まで 1. 床面積を測る 施工対象の部屋の床面積をスケールで計測します。今回は部屋サイズが 3.6 * 3.8(?) 程度のサイズでした。 通常クッションフロア 1 枚の幅が 182 cm らしいので 2 枚ならべて敷き込めば良さそうです。 2. クッションフロア と道具の発注 以前もお世話になったことがある DIYショップRESTA さんで材料を探しました。 できるだけ予算を安く仕上げたかったため次の商品に決定しました。 抗菌・防カビ 東リ 住宅用クッションフロア (182cm巾 1.8mm厚)オーク CF9435~CF9437 | RESTA この商品を 4m * 2 本注文。さらに施工道具がないので クッションフロア貼りセット を注文。 クッションフロア を敷く為に必要な クッションフロア用両面テープ | RESTA を 45 m 分注文しました。両面テープの長さについては商品ページに詳しく説明してあったので助かりました。 3. 掃除 施工対象の床面を掃除しました。掃除機を 2 度かけ念の為拭き掃除。 4. 施工 クッションフロアの貼り方(張り方)両面テープ編|DIYショップRESTA を見て頑張る。 YouTube にも「クッションフロア 両面テープ」で施工例があるので事前に見て計画しておくと作業しやすいと思います。2 枚貼るだけでしたが 2h 近くかかりました。慣れればもっと早くできそうです。

react-redux でカウンターを作る

  • ARTICLES
React と組み合わせて使う Redux, 特に react-redux の取り扱いがいまいちわからず困ってしまう自体が発生したので基本的な使い方を確認するためにカウンターを作ってみました。 yterajima/react-redux-counter カウンターの動作自体は + ボタンででインクリメント, - ボタンでデクリメントするだけの簡単なものです。 参考 React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで(穴井宏幸 石井直矢 柴田和祈 三宮肇)|翔泳社の本 ReactとReduxを結ぶパッケージ「react-redux」についてconnectの実装パターンを試す - Qiita 何がわからなかったのか ファイルの分割と機能 components ディレクトリと containers ディレクトリに配置するファイルの違い connect まわり mapStateToProps mapDispatchToProps 書籍と Qiita 記事のおかげでどうにか解決しましたが, もう少し使ってみる必要がありそうです。便利な機能がまだまだあるようなのでドキュメントの読み直しも必要です。 サーバサイドからクライアントサイド, フロントエンドへ 私のスキルセットのほとんどはサーバサイドに降って来たため, フロントエンドのキャッチアップが全体的に遅れています。短期間で集中してフロント側のスキルセットやツール, サービス利用方法を身につけていきたいと思っています。 ただし, react + redux + Rails or Go みたいな案件で一緒にコードがかける人が群馬にいないのでかなり問題だ。

CirclCI 2.0 用にカスタムイメージを用意する場合は dockerize 入れといた方がよさそう

  • ARTICLES
自社サービスや受託開発で利用する Docker イメージを見直しています。MySQL 用のイメージや Rails 用イメージを見直したところ, CircleCI 上でテストを実行する際に MySQL に接続できずテストが落ちる現象が発生しました。 テストが落ちた原因 MySQL の ENTRYPOINT の処理を見直した結果, MySQL が起動する前にデータベースへ接続しようとし, 結果接続できず落ちる状態でした。 変更前の ENTRYPOINT では最低限の処理だけ行い, その他の設定処理は起動後に外側から command を使って実行していました。見直しによって ENTRYPOINT 側で対応する処理を増やしたため初期化に時間がかかるようになってしまった模様。 対応 とりあえずの対応として, MySQL の初期化が完了するまでの時間として SLEEP 10 をとりあえず追加しました。(よくない) Dockerize 本来であれば Dockerize を用いるのが良さそうです。 Configuring Databases - CircleCI Database Configuration Examples - CircleCI 複数のコンテナを組み合わせて利用する場合は dockerize をイメージに含めておくと良さそうです。CircleCI が提供しているイメージにはインストールされているらしい。 Using Custom-Built Docker Images のリストにはなかったので見逃していました。一緒に書いておいて欲しかった。 今回に限っては SLEEP 10 でお茶を濁して, 次回以降の見直し時に対応しようと思います。