Mac Book Air 11インチ(Mid 2013) の電池を交換した

  • ARTICLES
この記事を書くにあたり手元の Mac Book Air の年代を調べたら 2013 年で流石に古くて驚きました。 タイトルのとおり Mac Book Air のバッテリー交換をしたので書いておきます。早く買い換えたい。早く 32GB の MacBook Pro が出てほしい。 なぜ交換したか? 電池の寿命です。これまで 1 度も交換せずに使ってきたので仕方ないですね。 本来であれば買い換えを検討したいところなのですが, このタイミングで新しい MacBook Pro を買うのは悔しいので電池を交換してお茶を濁す計画です。お仕事的には Mac Book Air は打ち合わせや簡単な資料作成程度に利用するだけなので問題ありませんでした。 バッテリーの調達 適当にググって Mac Book Air の型番を調べ, amazon でサッと購入しました。 いくつか購入候補はありましたが, レビューを見ると純正でない場合新品同様に長時間モバイル駆動は難しいらしいです。2-3時間とりあえず動いてくれれば問題ないのでそれなりのお値段の商品を選択しました。 純正を買って長時間駆動しないよりは… というわけで次のバッテリーを購入しました。 Amazon | A1495バッテリー Apple アップルMacBook Air 11インチ A1465 対応 2013 2014 | | バッテリー 通販 商品説明にはありませんが, 交換に必要な特殊ドライバー2本が付属しています。なので私のように特殊ドライバーセットのようなものを手配する必要はありません…(書いておいて欲しかった) バッテリーの交換 裏蓋を開けてネジを外して取り付けてネジで止めるだけですね。一応交換前にバックアップは取っておきましょう。 交換したバッテリーの処分 何かと処分に困るリチウムイオンバッテリーですが JBRS のサイトから最寄りの処分可能なお店が探せました。 [リサイクル協力店]検索 |小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC 会社が近い高崎駅前のヤマダ電機さんに持ち込んで回収していただきました。なお, 回収BOX はないので店員さんを捕まえて相談しましょう。無償で引き取っていただけて助かりました。

会社の代表者住所変更手続きをした

  • ARTICLES
引っ越すことになったので法人登記を含む「代表者住所変更」の一連の手続きを行う必要が発生しました。登記変更が必要だということは把握していましたが, 実際にやってみたら他にも手続きが必要で大変でした。 忘れないうちにまとめておきたいと思います。 何が変更されたか 株式会社の代表(私)の居住する住所が変更になりました。この時点で会社の状況を含むステータスは次のとおりです。 会社 群馬県高崎市に存在 保険証は協会けんぽ 自分 高崎市内から高崎市内への転居 必要な手続き 法務局で法人の代表者住所変更登記 (参考) http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001188320.pdf 登録免許税: 10,000円 (会社規模によるので注意) 登記申請から変更反映まで通常1週間弱 税務署に異動届提出 (参考) https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/annai/1554_5.htm 書類提出のみ 添付書類に住所変更が反映された登記簿謄本(履歴事項全部証明書を提出した)が必要 年金事務所に書類提出 事業所関係変更届 (参考) http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/jigyosho/20140815.html 被保険者住所変更届 (参考) http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20150320.html 「控え」が取得可能なものは同様の書類を2部用意し, 控え分をファイル保管しています。 ネット情報との差異 県税事務所や法人がある市区町村への異動届についても「提出が必要」と書かれていることがありますが, 代表者住所変更については, 都道府県/市区町村で異なるようなので問い合わせるか各所の Q&Aで確認する必要がありました。 場合によっては上記に加えて +2 種類の書類が発生することがあるということですね… 手続きを終えた感想 法人番号各場所はあっても勝手によしなにやってくれなくて不便 せめて法務局で登記変更が終わった段階で税務署, 年金事務所ともに勝手に修正してほしい 法人番号とは一体なんなのか…? (行政内で効率化している予感はします 参考: 法人番号とは|国税庁法人番号公表サイト

LazySearch のドキュメントを改善した

  • ARTICLES
ドキュメント 改善したところ 適当に, とりあえず, それっぽく作っていたドキュメントを書き直した ページ構成の変更 紛らわしい複雑な説明を排除 簡単な機能部分についてのみ説明 ページ間リンクを整備した できていないページは「できてない」で現状はいいか, という対応 アニメーション gif の撮影方法 どういった方法がスタンダードなのか分からなかったので, 適当にググって App Store で見つけた GIPHY を使って撮影してみました。 アニメーション gif で実行されている検索処理は LazySearch が使われています。 開発状況 LazySearch は 5 月にひっそりとリリースされてから着実に機能を増やしながら改善を続けています。 特に外部からの資金等はなく人員も用意できていないため, 私が 1 人で受託開発や SES の合間に作業を進めています。Ruby on Rails + Golang を組み合せてサービスを構成している都合上, 群馬では人材が確保しづらい事情もあります。 まだドキュメントを含めたユーザーサポート体制が十分にとれておらず, なかなか実利用に結びつかない状態です。そんな中でも積極的にご利用いただいている方もいらっしゃり大変感謝しています。 年内に当初考えていた基本機能の実装目処がつく予定です。年明け, 遅くとも 2 月中には課金機能を含めて正式リリースできる予定です。 最後に まずロゴを発注するところから…

会社の 1 期目が終わって

  • ARTICLES
弊社は 8 月末決算なので本日が法人税まわりの支払い期日でした。無事に支払いが完了したのでいろいろとまとめておこう, という記事です。 どんな仕事を結局しているのか 大きくは 2 つに分かれます。 自社サービスの開発 他社様への技術提供や協力 自社サービスはあまり開発の進捗も芳しくないのが実態です。…あまり個人事業していた時と変わっていないとも言えます。ただし, 法人があるからこそのご相談やお問い合わせもあるので法人化自体は「正直しんどいけど作った分の価値はあったかな?」という塩梅です。 2 期目はどうするのか お金を稼ぐ 自社サービスをどうにかする 人材は今のタイミングでは難しい, というのが正直なところです。来年の 8 月末で入居しているシェアオフィスから撤退しなければいけないので, そのタイミングで検討することになると思います。 人を雇用するっていうのは, 日本の法律ベースでは相当難しいので悩ましいところです。 1 期目の感想 前半厳しかったが, 後半で 2 期目以降の見通しがついてきたので助かった 1 人で会社はきついので 2 人以上でやりましょう どうなることかと思ったこともありましたが今日も元気にやっています

middleman-s3_sync で Cache-Control ヘッダを設定する

  • ARTICLES
会社の Web サイト の内容を少し見直し, ついでに諸々調整をしました。具体的には事業内容を整理, 子ページができたのでデザインの一部修正等々です。 見直し完了後に PageSpeed Insights の指摘事項を修正する過程で Cache-Control ヘッダを付与する必要がでてきました。そのあたりの話です。 PageSpeed Insights の指摘事項 このブログでも同様の問題が指摘されています。アセット類のファイルに対して “キャッシュの設定が行われていない” ために発生する問題でした。 middleman-s3_sync を使って Cache-Control ヘッダを設定する方法 会社 Web サイトは AWS S3 + CloudFront 環境で運用されています。S3 の管理画面に入って個別または一括でヘッダ情報を追加することができます。ただし, 管理画面からの設定を行う場合, Middleman でサイトを更新する度に管理画面から設定を変更する必要があります。これは流石に不便です。 そこで middleman-s3_sync から Cache-Control ヘッダを設定する方法をとります。 具体的には config.rb に対して次の設定を追加します。 # middleman-s3_sync の設定 activate :s3_sync do |s3| s3.region = 'ap-northeast-1' s3.index_document = 'index.html' s3.error_document = '404/index.html' end default_caching_policy max_age: (60 * 60 * 24 * 365), public: true, must_revalidate: true caching_policy 'text/html', max_age: 60 * 10, public: true, must_revalidate: true caching_policy 'text/plain', max_age: 60 * 10, public: true, must_revalidate: true caching_policy 'application/xml', max_age: 60 * 10, public: true, must_revalidate: true default_caching_policy ですべてのファイルに対して cache の設定を行い, html, txt, xml の場合のみ max_age を変更するように設定しています。

GitHub の会社アカウントで OSS の公開を始めました

  • ARTICLES
会社アカウント(Organization): https://github.com/fillin-inc なぜ公開するのか こういうことをしている会社で群馬の会社はあまり見当たらないようだから 売上に直結しない, 特に価値があるわけではないが使うものをまとめておきたかった プロダクト/サービスのコードの中に含まれていなくても問題ないものを排除したい気持ちがあった なにを公開したのか Golang のパッケージをとりあえず 2 つ公開しています。LazySearch の中でも使われています。 https://github.com/fillin-inc/timeins time.Time 型の構造体を JSON にするとミリ秒まで表示されてしまう問題へ対応するための型を提供 API の仕様上の問題で採用しています https://github.com/fillin-inc/pingpong API の導通確認用ハンドラ アクセスすると “Pong” が返る 著作者を法人とするか個人とするか fillin-inc の中の人は現状私 1 人なので, 著作者については個人名義でも問題ないのですが次の基準で分けていこうと考えています。 会社のプロダクト/サービスに積極的に採用されているものは会社 見栄え上プロダクト/サービスの一部と考えられるもの ex. 公開していないが JS のライブラリ, API 用のライブラリとか その他は個人 職務著作の観点からは仕事の時間中に開発したものは法人に帰属しますが, 将来にわたって柔軟に運用できればいいなぁと思っています。